次回企画展・イベント情報次回企画展・イベント情報

絵金祭り/須留田八幡宮神祭写真コンテスト作品展 特別展 絵金のならぶ夜

令和1年7/14(日)・15(月・祝)「須留田八幡宮神祭」、7/20(土)・21 (日)の「絵金祭り」が行われる期間を中心に、さまざまな特別企画をご用意しております。

今年一番の目玉は特別展 絵金のならぶ夜です。昨年行われたコンテストの入選者の力作ぞろいの作品を展示します。
また、昨年度赤岡に修理を終え帰ってきた屏風絵5点を5週間にわたり交代で展示する5分の1展や、初お披露目の作品を含む白描展など盛りだくさんです。皆さまこの機会にぜひお越しください。

第43回 土佐赤岡絵金祭り 7月20日(土)・21日(日)

■開催日:令和元年7月20日(土)・21日(日)
<祭り開催時間> 午後6時~午後9時
<屏風絵・絵馬提灯展示> 午後7時~午後9時

■場所:高知県香南市 赤岡町本町・横町商店街
■アクセス:駐車場は混雑が予想されます。公共交通機関のご利用を推奨しています。
JR高知駅からごめん・なはり線であかおか駅まで40分
(後免駅にて土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗り換え)
あかおか駅より会場まで徒歩5分

■内容:幕末の絵師金蔵(通称:絵金)の芝居絵屏風を日が暮れてから赤岡商店街の軒下に展示。 蝋燭で灯される絵金の芝居屏風は、恐ろしくも鮮やかに、そして美しく、見る人を芝居絵の世界へと誘います。 展示はもちろん本物!
また屏風絵の題材を芝居として、弁天座では「土佐絵金歌舞伎伝承会」による土佐絵金歌舞伎公演も毎年人気の催しです。
※フラッシュ撮影はご遠慮ください!
地酒の「高木酒造」による酒蔵解放、絵金蔵夜間開館、ビアガーデン、夜店などなど、さまざまな催しが行なわれる賑やかなお祭りです。。

第43回 土佐赤岡絵金祭りポスター

ページ上部へ