【開館再開のお知らせ】 4/1~通常開館

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため臨時休館しておりましたが、
4月1日(水)より通常開館することとなりました。

ご来館の際は、下記リンクより当館における【新型コロナウイルス感染症の感染予防対策】をご覧のうえ、ご理解ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。皆さまのご来館をお待ちしております。
※情勢によって開館状況や対策内容は変化いたしますので、ご了承ください。

●ご来館予定の皆様 PDF

●旅行会社の皆様 PDF

次回企画展次回企画展・イベント情報

【開催中】金蔵と師匠

狩野派絵師として画業をはじめ、後に幕末の土佐を席巻する異才絵師《絵金》と成った金蔵。その江戸遊学時代には、江戸土佐藩邸の御用絵師・前村洞和に絵を学びました。
絵金誕生に欠くことのできなかった師である洞和の作品・軸《寒山拾得図(高知市称名寺蔵)》と、その関連作品を紹介します。

■会 期  2020年1月28日(火)~4月5日(日)
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。

寒山拾得図/高知市称名寺蔵

【次回開催】土佐の端午

「横幟」は、土佐で端午の初節旬に門前の塀などに張りまわされた絵模様の横幕です。寛政7(1795)年、土佐藩11代藩主·山内豊興の初節旬に紙製の織を用いてからは、紙製のものが多くなり、古くは武者絵が描かれ、後に芝居絵風が広まりました。藩政後期には盛んに制作されたものの多くは失われ、当時の形態を保ったまま現存しているものは数例であり、その他一部分のみ切り離され額仕立てとなっているものが散見されます。

■会 期  2020年4月7日(火)~6月28日(日)
■観覧料  入館料(大人520円他)でご覧いただけます。

近江源氏先陣館/個人蔵
※約5年ぶりの展示。
※作品上には、絵金筆とされる俳句も添えられている。

ページ上部へ