絵金まつり

◎絵金祭り

 絵金祭りは、昭和52年、赤岡吉川地区商工会(現・香南市商工会)青年部が、商店街の発展を願ってはじめました。赤岡町・須留田八幡宮(するだはちまんぐう)で行われてきた神祭(じんさい)にならい、絵金の芝居絵屏風を商店街に飾りながら、屋台が並び、さまざまな催しが行われる賑やかな祭りです。現在、絵金祭り運営を担うのは商工会や商店主、屏風絵の所蔵家たちで構成する絵金祭り実行委員会。毎年、出し物の内容や販売品などについて、議論を重ねながら運営にあたっています。この祭りは地元商店はじめ、多くの地域企業・団体からの寄付によって支えられています。

 平成21年、絵金祭りに飾られる赤岡町の芝居絵屏風23点が高知県保護有形文化財に指定されました。近年は実行委員会制作のグッズ販売などを通じ、作品を守る取り組みにも力を入れています。

日時 毎年7月第3土日
屏風絵展示は通常19:00より
場所 香南市赤岡町本町・横町商店街
主な催し 土佐絵金歌舞伎公演・路上解説・高木酒造酒蔵解放・
絵金蔵夜間開館・ビアガーデンなど
主催 土佐赤岡絵金祭り実行委員会
香南市商工会内 高知県香南市赤岡町691-2
TEL:0887-54-3014

※雨天の場合
展示は所蔵家の家の軒先で行われ、少しの雨であれば土間やガレージ内でご覧いただけます。但し風を伴う大雨や、所蔵家の判断で作品が濡れたり傷つく恐れがある場合は、やむを得ず中止にすることがあります。

※芝居絵屏風の撮影について
展示される芝居絵屏風は150年の時を経て劣化が進んできています。この祭りを世代を超えて末長く伝えていきたいという思いから、平成21年よりフラッシュを用いてのカメラ撮影は禁止となっています。またカメラ撮影の際は、他のお客様の鑑賞の妨げにならないよう、お願い申し上げます。


◎土佐絵金歌舞伎

絵金の芝居絵に描かれている芝居を演じようと、地元有志により平成5年にはじめられた歌舞伎です。毎年絵金祭りの2日間に合わせ、絵金蔵向かいの芝居小屋「弁天座」にて上演されます。

 

ページ上部へ